Menu


受験記1

動機

最近刺激が無くてボケが始まりそうなので、何か面白いことはないかと考えていたのですが、ネットでアメリカのエキストラ級の事が話題になる事が多く、 日本の2級、3級、4級の人が米国のエキストラを取って1kW開局する事も結構あるみたいなので、どのくらい難しい試験なのか、日本の1アマに相当する試験なのか確かめたいと興味を持ち、自分も受けて見ようと考えました。

というのも、米国のアマチュア無線オペレータの試験は日本国内のボランティアチーム(VE's)が日本国内で実施してくれるので米国へ行かなくても受験できてたいへん簡単で楽なんです。

受験資格

受験資格は「米国内で郵便を受け取ることができる事」だけです。 私の場合は甥がヒューストンにいるので、それの住所を使わせてもらう事にしました。 友達や親戚縁者を探せば今時一人くらいは米国在住者はいませんか??。

免許の種類

現在の米国の資格は、Technician, Technician + Mores code, General, Amature Extraの4種類で試験科目と大体の操作範囲は以下です。

資格 試験科目 大体の操作範囲
Technician Element 2 Only V,UHF All Mode 1500W
General Element 3 HFは周波数制限付 1500W
Amature Extra Element 4 All Band 1500W
各資格とも細かな周波数部分において電力制限があります。詳細は下記リンク

 

 

 

 

 

試験の詳細 周波数 電力

試験の考え方

米国の試験制度は合理的で「一度合格したものは二度と受けなくても良い」ということだと思います。例えばTechnicianの試験を受けた時にオームの法則を解いたのだから General以降ではもうやらなくても良い、といった感じです。そのためにいきなり上級は 受けられず、下から順番に合格して行く必要があるのです。クラス毎に違った内容の問題になっています。

 


受験地

近くで試験をやってくれているチームを探したところ名古屋にあったので、そこで受験することにしました。

ARRL/VEC NAGOYA VE TEAM INFORMATION

名古屋の場合、受験には予約が必要ですので3月の終わりに6月16日の試験の予約申し込みをしました。直ぐに受け付けた旨のメールが届きました。


FRN

受験のために必須のFRN(FCC Registration Number)をFCCに登録 します。

COmmission REgistration System

手続き完了

以上で手続き完了。手続きといっても名古屋のVEチームのホームページで 受験申し込みをしただけですが・・・。後は受験勉強をして試験日を待つのみです。

・・・・・ 第2部に続く ・・・・・



Submenu


News

Nov 19, 2011
カテゴリ: General
投稿者: admin
サーバーに使っていたコンピュータはOSがWindows 2000で新しいサーバーソフトやCMSソフトををインストールする事ができなかったので今回新しいPCを購入しOSもWindows 7にして最新のソフトを入れたサーバー機を構築しました。そのため今まで使っていたCMSが使えなくなるという弊害もあるのですが利点の方が多そうなのこ れも勉強の一環と考えてでコツコツHPを作って行きます。

Links